内視鏡検査・健診専用予約ダイヤル 03-5284-8230

手根管症候群

手根管症候群とは

手根管は、横手根靱帯と手根骨で構成されたトンネル状の構造をしており、中に正中神経と指を曲げる屈筋腱が9本通っています。手首の先、掌の下にあって、手根管内で正中神経が圧迫されるとしびれや痛みなどの神経障害症状を起こします。

手根管症候群の症状

初期の症状では、親指・人差し指・中指・薬指の親指側にしびれや痛みを起こします。明け方や起床時に強い症状が現れやすく、就寝中にしびれで目覚めてしまうこともあります。また、握るなど特定の動作でしびれや痛みを起こすケースもあります。 進行すると親指の付け根にある筋肉の母指球筋が痩せて親指に力が入らなくなり、細かい作業や持ち続けることが難しくなる母指対立運動障害を起こします。ボタンをうまくはめられない、手に持ったものを頻繁に落としてしまうなど、日常生活に支障が生じる前に適切な治療を受けることが重要です。

手根管症候群の原因

横手根靱帯が肥厚して正中神経が圧迫されることが主な原因となっています。女性ホルモンが減少すると腱滑膜炎が生じることがあり、更年期や閉経後、妊娠中、授乳中の女性の発症が多くなっています。男性では力仕事に携わっている方の発症が多くなっています。 また、骨折が治癒した後に生じることもあります。他に透析を受けている方は手根管内にアミロイド沈着を起こして発症することがあり、その場合は再発を繰り返すことがあります。

手根管症候群の診断

誘発筋電図

手根管症候群の症状は頚椎に問題があって生じる症状と似ていますので、正確な鑑別のために筋電図検査が役立ちます。筋電図検査は、神経障害の程度を評価するためにも有効であり、結果を踏まえて治療方針を決めていきます。

手根管症候群の治療

軽度の場合には、就寝時にだけサポーターを装着する夜間装具療法で改善できることが多くなっています。強い滑膜炎を起こしている場合には、手根管内にステロイド剤を注入して炎症を速やかに鎮めます。 親指の付け根にある母指球筋が痩せてしまっている重症例や、激しい痛みやしびれがあって日常生活に支障が及んでいる場合には、手術が必要になります。上肢伝達麻酔で患部のある腕に麻酔をかけた上で、掌に3㎝程度の小切開を加えて行う15分程度の手術で、日帰り手術として行っていますので入院の必要はありません。

  • 03-3881-2221
  • 求人情報
keyboard_arrow_up