内視鏡検査・健診専用予約ダイヤル 03-5284-8230

胃痙攣

胃痙攣とは

胃壁の筋肉層が突然、過緊張を起こしている状態です。強いストレスや、様々な疾患の症状として生じることがあります。急激に痙攣しているような激しい胃痛を起こし、吐き気や嘔吐などをともなうこともあります。原因によって治療法は異なります。

胃痙攣の原因

胃疾患で起こることが多いのですが、膵臓や胆のう、虫垂などの疾患や、強いストレスなどで生じることもあります。原因となる胃疾患では、慢性胃炎、胃腸炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、アニサキス症、胃がんなどがあり、膵炎、胆のう炎、胆管炎、虫垂炎などでも胃痙攣を起こすことがあります。 胃痙攣は強い症状であり、速やかに適切な治療を行う必要がある病気の可能性が高いので、できるだけ早く当院までご相談ください。特に痛みが背中まで及ぶ場合は膵炎が疑われ、高熱や右上腹部痛がともなう場合は胆のう炎や胆管炎の可能性があり、この場合は緊急受診が必要です。

胃痙攣の検査方法

前日から当日の食事内容、基礎疾患や服用している薬、症状が起こるきっかけ、症状の変化や生じる頻度などについてうかがった上で検査を行います。血液検査、胃カメラ検査、超音波検査などから必要な検査を行って診断します。

超音波検査

超音波検査は胃カメラ検査では確認できない膵臓や胆のうなどの状態をリアルタイムに確認でき、福祉医の有無なども確認できます。

胃カメラ検査

胃カメラ検査は、胃炎や胃潰瘍、胃アニサキス症が疑われる場合に行います。胃粘膜の状態を詳細に確認でき、疑わしい部分の組織を採取することで多くの疾患の確定診断が可能になります。また、出血がある場合は検査中の止血処置も行うことができます。 胃アニサキス症の場合、胃壁に食い込んだアニサキスを検査中に摘出でき、全てのアニサキスを摘出できれば速やかに症状がおさまります。 アニサキス症が疑われるなど緊急性が高い場合には初診当日の胃カメラ検査に対応できることもありますが、その場合も最後に食事をしてから一定時間経過していないと胃カメラ検査ができません。疑わしい症状がある場合にはまずお電話でご相談ください。

胃痙攣の治療

対症療法

緊急処置が必要な場合を除き、制酸剤、鎮痙剤、鎮痛剤、漢方などでつらい症状をまず緩和させ、症状が落ち着いてから原因疾患に合わせた治療を行っていきます。 市販薬を自己判断で服用して状態を悪化させてしまうケースがあります。胃痙攣があった場合は、速やかに当院の消化器内科を受診してください。

原因に合わせた治療法

胃アニサキス症

胃カメラ検査の際に発見したアニサキスを摘出します。全て摘出できればほとんどの場合は速やかに症状がおさまります。

胃炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃酸分泌抑制薬などを処方し、症状を緩和させます。ピロリ菌陽性の場合には除菌治療を成功させることで炎症や潰瘍の再発率を大幅に下げることができます。

 

胃がん

進行度に合わせた治療を行います。早期であれば内視鏡による治療で完治を期待できるケースが多くなっています。ある程度進行している場合も腹腔鏡による手術などお身体への負担が少ない治療が可能な場合があります。進行度により、外科手術や抗がん剤治療などを行うこともあります。

機能性ディスペプシア

炎症などの病変はありませんが、機能的な問題や知覚過敏によって症状を起こす疾患です。症状を緩和させる治療に加え、消化管機能を改善する薬などが有効なケースもあります。また生活習慣の改善やストレスの上手な解消も重要になってきます。

胆石症

胆石の大きさなどによって適切な治療が変わってきます。内視鏡による摘出、薬物療法などを行います。

  • 03-3881-2221
  • 求人情報
keyboard_arrow_up