内視鏡検査・健診専用予約ダイヤル 03-5284-8230

シャント手術

シャントとは

人工透析を行う場合、一分間につき約200ミリリットルもの血液を循環させる必要があります。しかし、腎不全の患者様の場合は、静脈に十分な血液を確保することができません。そのため「バスキュラーアクセス」という透析装置と、血液を循環させるために使う血液の出入り口を確保しなければなりません。
シャントとは、動脈と静脈をつなぎ合わせることで作られた血管のことです。シャントを作ることで腎不全の患者様でも、十分な血液を確保することができるようになります。
ただし、シャント内に血栓が生じて血管が詰まったり閉塞したりしてしまうと、透析治療に支障をきたしてしまうため、定期的にメンテナンスする必要があります。

人工透析について

腎不全にかかると、腎機能の働きが通常の10%以下まで低下してしまいます。自身の体内で血液のろ過が行えなくなると、老廃物は体内へずっと蓄積し続けてしまいます。老廃物を取り除いて、生命活動を維持させるために行われるのが「透析療法」です。透析療法では腎臓の代わりに「ダイアライザー」という透析器を使って、老廃物を排出させ、血液をきれいにしていきます(血液透析)。失われた腎臓機能を回復させることは現代の医学でも不可能なので、週に3~4回、この透析療法を受け続ける必要があります。

シャント手術について

シャント手術は大きく分けると二つあり、外シャントと内シャントがあります。

外シャント

静脈と動脈を、体外でつないだものです。血管がむきだしになる方法ですので、感染症のリスクが上昇しやすく、現在では使われていない方法です。

内シャント

ご自身の血管を使う方法と、人工血管を用いる方法があります。患者様の血管の状況を検査で調べてから、どちらの方法が適しているかを決定します。

自分の血管を用いる場合(AVF)

皮膚の下で静脈と動脈を吻合(ふんごう)させ、シャントを作ります。最もよく行われる方法で、詰まりにくく、長持ちしやすいというメリットがあります。
シャントはほとんどの場合、利き手とは逆側の手首の近くで作られますが、動脈硬化などによって血管の健康状態が悪い場合や、採血・点滴を何度も受けたことで血管がダメージを受けている場合、新しいシャントを作り直す場合は、肘付近で作ることもあります。ただし、自己血管の場合、すぐに穿刺することはできません。2~4週間後から穿刺開始となるため、予めシャントを作っておき、透析に備えることを推奨しています。

人工血管を用いる場合(AVG)

静脈が細い、詰まっているなど、自身の静脈が使えない時に選択される方法です。人工血管を使ってシャントを作ります。これを行うことで、十分な血液を確保することが可能になりますが、自己血管よりも閉塞と感染症のリスクは高めになります。
術後、すぐに穿刺できますが、自己血管よりも寿命は短く、だいたい2~3年でだめになります。

動脈表在化

心不全の方がシャントを作ると、心臓への負担が大きくなってしまいます。そのため、適応できないケースもあります。そのため、動脈を皮膚直下にまで移し、直接動脈に穿刺するという方法が選択されることがあります。この方法が「動脈表在化手術」です。
この方法で血液透析を行う場合、静脈と動脈の両血管に穿刺する必要があるため、自身の静脈でシャントを作らなければなりません。
心不全の患者様や、内シャントが作れない患者様に選択される方法です。

シャントPTA

シャントの狭窄や閉塞が起きると、透析治療ができなくなったり、治療時間が長引いたりしてしまいます。こういった事態になった場合は「シャントPTA」という治療を行い、シャントを修復させていきます。
まず、カテーテルという管をシャントの中に入れていきます。このカテーテルの先端にはバルーン(風船)が付いていて、狭窄や閉塞が生じた場所までカテーテルを挿入していき、バルーンを膨らませることで、シャントを拡げていきます。また血栓によって閉塞が起きている場合は、カテーテルを駆使して吸引したり、血栓を溶かす薬を用いたりします。

シャント手術の流れ

1初診・超音波検査

初診時には超音波(エコー)検査を受けていただき、患者様の静脈と動脈の状態を調べます。
他院からの紹介でお越しいただいた方は、紹介状も忘れずにお持ちください。

2検査結果と手術の説明

検査結果をもとに、どの血管を使ってシャントを作っていくか説明していきます。

3手術

局所麻酔を投与してから手術を始めます。
手術の時間ですが、自己血管の場合はだいたい60分、人工血管を使う場合は120分ほどで終わります。

4透析開始・メンテナンス

シャントができたことが確認できましたら、透析治療を始めていきます。自己血管の場合は、透析開始まで2~4週間ほど時間を空けていただきます。

  • 03-3881-2221
  • 求人情報
keyboard_arrow_up