内視鏡検査・健診専用予約ダイヤル 03-5284-8230

ガングリオン

ガングリオンとは

手にできることが多い良性腫瘍で、中にはゼリー状になった関節液や滑液が詰まっており、米粒大からピンポン玉程度までと大きさは様々です。関節包や腱鞘から発生しますが、ガングリオンができる原因はよくわかっていません。手首では甲部分や親指の付け根、掌では指の付け根にできやすく、指先や肘、足首や膝などにできるケースもあり、若い女性の発症が多い傾向があります。

ガングリオンの症状

ガングリオン自体には痛みなどがありませんが、神経に当たると痛みやしびれなどを生じます。また位置や大きさによっては動作を妨げることもあります。 指の関節付近にガングリオンができると指を広げにくくなり、しびれや脱力などを起こすこともあります。膝関節や足首に生じた場合は強い痛みを起こすことが多く、歩行に支障が生じることもあります。

ガングリオンの診断

触診を行い、超音波検査で状態を確認します。痛みがあるなど他の疾患も疑われる場合には、X線検査を行うこともあります。注射器でガングリオンの内容物を採取して病理検査を行うことで確定診断できます。

ガングリオンの治療

ガングリオンであると診断され、特に症状がない場合には経過を観察します。痛みや動かしにくさ、見た目などに問題がある場合には、超音波検査でリアルタイム画像を確認しながら注射器で内容物を吸引・排出させます。何度か吸引を繰り返すことでガングリオンができなくなることもありますが、再発を繰り返す場合には手術も検討します。当院では外来で手術が可能です。

  • 03-3881-2221
  • 求人情報
keyboard_arrow_up